人のハイスコアガールを笑うな

[広告] 楽天市場

  • ハイスコアガール 6/押切蓮介【合計3000円以上で送料無料】
  • 【中古】 ハイスコアガールCONTINUE 2 / 押切 蓮介 / スクウェア・エニックス [コミック]【メール便送料無料】【あす楽対応】
  • 【中古】 ハイスコアガールCONTINUE 1 / 押切 蓮介 / スクウェア・エニックス [コミック]【メール便送料無料】【あす楽対応】
  • ハイスコアガール 7/押切蓮介【合計3000円以上で送料無料】
  • 【新品】【本】ハイスコアガール   9 押切 蓮介 著
  • ハイスコアガール STAGE 2(初回仕様版) [ 天崎滉平 ]

ハイスコアガールについて最初に知るべき5つのリスト

時期というものがあるわけだけど、つまり今言いたいのは、マンガというものはなぜだか自分が読んでいるシリーズが一つ一つ終わりを迎えていく時期というのがある。これは多分マンガだけではなくて、いろいろなジャンルでそうなんだろう。その終わりが何かもっと大きい原因によるのか、ただの偶然なのかはわからない。いまのところ、このことに関してはただの偶然だと思っているのだけど。

 

もうすぐ終わりそうな超大作といえば『進撃の巨人』だけど、すでに終わってしまった、あるいはこれから終わりそうな作品はいくつかある。『食戟のソーマ』はすでに単行本の最終巻が出て、今はアニメの第4期をやっているがこれがラストになるのだろうか。『レディ&オールドマン』も最終巻が出た。『ハイスコアガール』も終了したがアニメの二期をやっている。『源君物語』も終了した。『早乙女選手、ひたかくす。』も今日発売のスピリッツで最終回。『響 小説家になる方法』も最新号で最終回だった。『ユーベルブラット』も終わった。『ふたりのおうち』も終わったなあ。『ちひろさん』は休載中だがどうも長くなる予感。

 

 

そのほか最終盤と思われる作品がジャンプでは『鬼滅の刃』『約束のネヴァーランド』『ハイキュー!』がある。『宝石の国』もカタストロフは近い感じだ。

 

 

ジョージ朝倉
小学館
2019-08-09



 

ただ、新しく読み始めた作品も多くある中で、今一番おもしろいのがスピリッツ連載中の『ダンス・ダンス・ダンスール』だ。

 

この作品、特に今やっているコンテンポラリの岩井の振り付け、曲はホーミーという作品は衝撃的なのだけど、この作品をなぜ潤平がこれだけ踊り得るのかということがどちらかというと疑問だったのだけど、それが今週の話でだいぶ分かった感じがする。

 

 

潤平は自分のことをハッピーボーイだと言っていたけれども、それはやはり「作った自分」という部分があって、魂の底には父が死んで以来の周りの同情や憐憫、それにかこつけた見えない中傷、嘲笑など、たましいのそこでどろどろとしたものをずっと抱え続けていたことについに向き合うことになった。そして自分の外面をへらへらさせて周りとうまくやっている、という事実を曝け出す「あの顔」。そして気がつく、「本当の男らしさは、自分を貫けることだ」と。

 

 

「芸術というものは心病むものには救いになり、心健やかなものには問題提起になる」という岩井の言葉は半端ではなくて、ホーミーが歌われた美しい大地を見る自分と、バレエという肥沃な大地を重ねてここで生きる決意を語る。

 

 

「思い出せ!バレエを選び取った日を!!」というその言葉が、潤平を突き動かした「片足のもげたダンサー」にも届く。

 

 

どろどろの、絶望さえよくわからなくなった、自分のみじめささえ気づかないでいた場所から抜け出し、幾たびもの絶望に突き当たりながら本当の自分を見つめ続けることでバレエという大地に生きることを決意した高揚と、また生きることができる歓喜を踊りきったとき、そこに何が開けるのか。

 

 

『ダンス・ダンス・ダンスール』は私にとっていま最も読みたい作品であることは間違いないと思う。

 

 

そのほか最近読み始めたもので面白いのは『Dr.Stone』『新・信長公記』『水は海に向かって流れる』『TIEMPO』『バジーノイズ』『君は放課後インソムニア』『東京卍リベンジャーズ』『妻、小学生になる。』などがある。一度終了した『空電ノイズの姫君』もイブニングに移籍し、『空電の姫君』としてまもなく第1巻が出るらしく、これも楽しみだ。

 

 

この入れ代わりの時期にどういう意味があるのかはよくわからないのだが、これからもたましいをえぐったり、生きる喜びや生きられるんだという慰め、わくわくを与えてくれるようなすばらしい、つまり「心を病んだものには救いとなり、心健やかなものには問題提起となる」ようなマンガがたくさん生み出されていってほしいと思う。

終了した、あるいは終了しそうな作品

 

諫山 創
講談社
2019-08-09



 

佐伯 俊
集英社
2019-10-04



 

オノ・ナツメ
集英社
2019-10-18



 

押切 蓮介
スクウェア・エニックス
2019-03-25



 

稲葉みのり
集英社
2019-05-17



 

水口 尚樹
小学館
2019-07-12



 

柳本光晴
小学館
2019-06-28



 

塩野 干支郎次
スクウェア・エニックス
2019-06-25



 

艶々
少年画報社
2019-05-30



 

安田弘之
秋田書店

2018-12-14



 

吾峠呼世晴
集英社
2019-10-04



 

出水 ぽすか
集英社
2019-10-04
 
 
 

 

古舘 春一
集英社
2019-09-04
 
 
 

 

市川 春子
講談社
2019-08-23



今面白い作品

 

稲垣理一郎
集英社
2019-09-04



 

甲斐谷 忍
講談社
2019-10-04



 

田島列島
講談社
2019-05-09



 

飯野大祐
集英社
2019-08-19



 

むつき 潤
小学館
2019-09-30



 

オジロマコト
小学館
2019-09-12



 

和久井 健
講談社
2019-10-17



 

村田椰融
芳文社
2019-10-16



 

冬目 景
講談社
2019-10-23

 

ハイスコアガールでできるダイエット

秋になったせいか元気がなくなった。

体調は悪くないんだけど、何もする気がおきねえ…

また近々、関東まで遠征するので

気合い入れねば。

 

 

心の底に染み付いた不信感は

そう簡単に拭い去れるものではないが、

それでもセガが本気になって新サクラを作ろうとしている事は分かってきた。

エリスの欧州星組説も早々に否定しているし、

過去を引きずらず、本気で何もかもを一新していこうというその心意気は何よりも嬉しい。

 

ここまで荒療治を施さなければどうにもならない程に

この作品は腐り切っていたという事だろう。

その判断は正しい。

 

あと一つだけ心配している点があるが

これは実際に最後までプレイして確認するしかない。

 

 

映画は94本目まで観た。

残り6本はのんびり観ていくとして、

今年後半はもうちょっと読書しよ…

 

今期のアニメは「けものみち」が面白そうだ。

サイコパス3は凡作になると予想。

ハイスコアガールは相変わらず全てのシーンに懐かしい要素が散りばめてある。

気まぐれアニメ視聴で「グリザイア」のアニメシリーズを全部観た。

最終目標はスマホのゲームだが、

もう空き容量がないよ。。

 

 

一応やりたい事は少しずつ達成されているので

前には進んでる筈。

「ゆゆゆい」の新章もようやく開始である。

イベント行きたいからCD2枚買いました。

 

 

麗花さんのマフラータオルが届いた。

クッションカバーも入手出来た。

最後の恒常SSRもセレチケで購入した。

これで麗花さんのカードは全部揃った。

今まではジュエルを貯める事しか考えてなかったけど

これからは楽曲のフルコンを目標にゲームを進めたい。

 

 

このラジオの最初の2分が凄い。

彩陽にかかれば替え歌も一級品。

 

聴きたい声優ラジオが多過ぎる。

 

 

「すみっこぐらし」とか見てメチャ可愛いと思ってしまうのは

やっぱり心が疲れてるんですかね。

まあ秋は毎年こうなりがちなんだけど、今年は特にアンニュイですな。

 

温泉宿とかで誰にも知られずにボーっとしていたい。

 

意味もなく一人でハイキングとか始めるかな。